大まかなジャンルとして

大まかなジャンルとして

ロックは更に派生する

あらゆる音楽を取り入れて独自の進化を遂げているロックは、音楽シーンの中ではかなり異色なタイプと言える。そういうことを踏まえて筆者は『多様性音楽』と表現したのだが、この表現はあながち間違ってはいないだろう。派生した音楽は一重に様々なジャンルの音楽を生み出し、中にはあまりに有名になりすぎて、ロックの枝分かれした先から更なる発展を遂げることに成功しているのだから、なんでもありなのかもしれない。商売をしている人、生業としている人からすればとにかく話題になれば良いという考えで業界に携わっている考えだろう、演奏している人間にとっては生き様を表現するための方法なわけで、色々と考え始めるとまた複雑になってきてしまう。

ロックミュージックが誕生してからおよそ60年ほどの時間が経過し、その中で数々のロックスターなる歌手の人々が多く世界へと羽ばたいていった。その時代のことを考えると、やはり世界大戦などの影響もあって、誰もが鬱屈した感情を持っていたからこそ、社会に対して反感意識を持つ人が増えていたからこそ、いつの間にか大衆音楽として認められていったのかもしれない。特に日本の場合は敗戦国であり、GHQに支配されていた暗黒時代が存在している。その頃の日本人にしてみればまさに世界そのものが敵だったが、それに向けて放てる牙は既にへし折られているため、ただ一方的に嬲られるだけという現状だった。だからこそ日本でも斬新かつ、そして自分達の主張を曲がりなりにも発声することが出来る音楽性は魅力だったと、そう分析することも出来る。

ロックといってもいろいろなジャンルの音楽がある、先に話したパンクもその1つだ。ただパンクに関してはそこからさらに幾重にも枝分かれして、様々な音楽ジャンルを確立させているため、元はロックだったが現在はパンクというまた違ったジャンルとして確固たるものとなっている。

ここからはあらゆる音楽の可能性を富み、そしてそこからまた違った音楽を新たに生み出し続けているロックミュージックのジャンルについて話をしていこう。


発祥からこれまでに誕生したロックのジャンル

ロックの始まりは1950年頃、この頃はまさに原点というべきところであり、正真正銘のロックミュージックの始まりを意味している。この時点ではまだ枝分かれしているものではなく、ただ1つの音楽として存在していたときのことだ。ここを起点として更なる流れを作り上げていくことになるわけだが、ここからが真の意味でロックという音楽のスタート地点となってくる。原点の音楽が好きという人もいるが、途中から入った人にしてみればその頃の音楽がジャンルの中でも最高に感慨深いものだと考えている人もいるだろうか、その点についても気をつけながら記述していこう。

UKロックの誕生
まず最初にロックという音楽に1つの可能性を含ませたのが、イギリスに話が移行する。誰もが知っているが、その頃のイギリスには絶大な人気を誇っていたのがビートルズだ。そのビートルズがロックとして利用していた音楽が『UKロック』という、アメリカから輸入されたイギリス独自のロックミュージックとなっている。人気はビートルズを中心に広まっていくことになるが、この頃はまさに反社会性が重視されていたため、ロックに携わっている人は基本的に麻薬中毒者が多かったというのだから、世間的に見ればかなりアウトローな世界だったといえる。
サイケデリックロック
麻薬を常用するロック歌手が当然のように存在していた時代、大体1960年代後半ごろぐらいに誕生したのが『サイケデリックロック』と呼ばれる、怪しげな曲だ。当時は麻薬が危険な薬だという認識が薄かったこともあって、使用していても何も問題はなかった時代だった。考えると恐ろしいのでが、逆にいえばそうして麻薬を使用したことで、幻覚や幻聴といった症状を引き起こしてきた体験談などが盛り込まれている、非常に怪しげな音楽となっている。
ハードロック・プログレッシブ
ロックといってもただ怪しげな人々は音楽を奏でているだけではなく、中にはキチンと音楽に対して真摯に向かい合っていた人もいるだろう。そしてそんな力を報いるように登場したのが1970年代前半頃に誕生した『ハードロック・プログレッシブ』と呼ばれるものだ。この音楽の特徴はそれまでのバンド、ロックにはなかったギターの派手な演奏テクニックと、大音量のサウンドという音楽としての全盛期を迎える。
ハードロック・ヘヴィメタル
ハードロック・プログレッシブが登場し、その後に流行したのが先に紹介したパンクロックだ。ただこの頃になるとどうしても人気の偏りが出てきてしまうのだが、1980年代になるとハードロック・ヘヴィメタルという音楽ジャンルが登場する。ハードロックという音楽が息を吹き返したと言われている。
オルタナティブロック・グランジロック
ロックという音楽は元々アメリカで誕生した音楽ジャンルだ、そんなアメリカで90年代に入ると誕生したのが『オルタナティブ・ロック』、もしくは『グランジ・ロック』と呼ばれるものだ。この音楽はロックの、そしてもっと細かく言うとロックが生まれたことで誕生したパンク系の音楽に何処となく似ているものが、このオルタロックとなっている。